暮らしを豊かに彩るためのDIYや便利な家具情報

金額の理由

LED照明を設置するためにかかる金額は演色性能などによって変化する

LED照明を設置するための金額は、性能の違いによって大きく変わる傾向があります。高演色で高出力なLED照明であれば、それなりに高い値段となってしまいます。数年前よりは価格は安くなっていますが、蛍光灯や白熱灯から取り替えることを考えれば高価に感じてしまうこともあります。初期費用は白熱灯と比べれば大幅に高くなりますが、維持費用はLED照明のほうが安くなるのは明らかです。発光効率が極めて良いのが利点ですから、白熱灯を使用するよりも電気代を大幅に安くすることが可能です。LEDシーリングを購入する場合には、調色と調光が可能で平均演色評価数がRa80以上の製品を選ぶことが大切です。演色性とエネルギー効率が良ければ、快適に長く使うことができます。

LED照明が一般家庭にも普及してからの歴史

LED照明が一般家庭に普及してからの歴史はまだまだ浅いものです。そのために、発売されたばかりの頃には品質には相当なバラつきがありました。国内メーカーだけでなく、多数の海外メーカーも参入してLED照明のための製品を販売した経緯があります。LED電球に関しては、初期の製品では下方向だけが極端に明るくなるタイプが主流でした。ところが最近では、配光角度が300度前後にまで達する製品も多くなったために、白熱電球の配光に近いものとなりました。直管LEDは家庭でも普及し始めましたが、値段は決して安いものではありません。直管LEDを導入する場合には、照明器具も専用のものに交換したほうが安全です。初期費用は高くなりますが、電気代はかなり安くなります。